Requires a javascript capable browser.

外壁・屋根リフォームをするならお任せ下さい!住まいの外装リフォーム専門店 GAISO(ガイソー)四日市店

四日市店
0120-444-125 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 不安・疑問が多い3階建ての外壁塗装 お悩み解決します
外壁・屋根
リフォームコラム

不安・疑問が多い3階建ての外壁塗装 お悩み解決します

2021年08月22日

 目次
 
3階建てのお家を外壁塗装する際、2階建てよりも余計な費用がかかるのでは
と思われている方は多いのではないでしょうか。
確かに、一般的な2階建ての外壁塗装に比べると総額は増えてしまいますが、
1つ1つの工事を比べていくと決して割高になることはありません。
3階建ての外壁塗装を検討する際のコツを紹介していきます。

3階建ての外壁塗装にかかる費用の相場

3階建ての外壁塗装に必要な工事は2階建ての外壁塗装と同様の内容になります。
工事内容は一般的に仮設足場、高圧洗浄、外壁塗装、付帯塗装、養生などで、
基本的には、外壁塗装を行う建物の面積によって費用が決まります。

<建物の平均面積>
2階建て:100~150㎡
3階建て:150~200㎡前後

それぞれの工程ごとに相場を見ていきましょう。

・仮設足場工事
仮設足場工事では、外壁塗装を行う上で必要な仮設足場の組み立てを行います。
一般的な費用は1000~1500円/㎡程度で、仮設足場の組み立てと飛散防止シート張りの費用が含まれています。
敷地が広く周りに塗料の飛散を気にする必要のない場合には、飛散防止シート張りの範囲を減らすことで費用を抑えることも可能です。
なお、3階建ての外壁塗装で仮設足場にかかる費用の相場は150,000~300,000円程度になります。

・高圧洗浄工事
建物の外壁の種類によって必要なケースと不要なケースに分かれます。
一般的な住宅に多く採用されているサイディングの外壁の場合には、高圧洗浄工事が必要です。
少し古い建物に多く採用されていたトタンや板金の外壁の場合には高圧洗浄は必要ありませんが、
トタンの劣化や藻、コケの発生が多い場合には高圧洗浄をすることもあります。
しかし、トタンや板金の外壁の場合には洗浄の代わりにケレンという作業が必要になるので費用が下がることはあまりありません。
高圧洗浄工事にかかる費用の相場は100~300円/㎡程度で、3階建ての高圧洗浄工事にかかる費用の相場は、15,000~60,000円程度になります。

・外壁塗装工事
外壁塗装工事にかかる費用の相場は使用する塗料のグレードに大きく左右されます。
塗料のグレードは、ウレタン、シリコン、フッ素の順番に耐久性や価格が順序づけられています。
さらに無機塗料や光触媒といった特殊な塗料を使用する場合には費用がさらにかかります。
ウレタンで1,500~1,800円、シリコンで1,800~2,700円、フッ素で4,000~5,000円/㎡、
がそれぞれの塗料の費用の相場になります。
3階建ての外壁塗装工事にかかる費用の相場は225,000~1,000,000円と塗料のグレードによって大きく異なります。
外壁塗装の費用は塗り面積に塗料の単価をかけることになるので、単価が少し変わるだけでも大きな差になってしまいます。

・付帯塗装工事
付帯塗装工事にかかる費用の相場は、建物の形状や付属する設備によって大きく異なります。
付帯塗装では、建物に付随する軒天、破風や鼻隠し、霧除け、雨樋、雨戸など様々な部位が塗装の対象になります。
実際の建物に設置されている場合には費用がかかりますが、霧除けのない建物も増えていますし、雨戸や戸袋の代わりとしてシャッターも普及しています。
付帯塗装工事にかかる費用の相場は、使用する塗料にも影響を受けます。
一般的には外壁塗装で使用する塗料と同等のグレードが採用されます。
付随する塗装対象が少ない建物では50,000円程度、霧除けや雨戸などがある建物では150,000円程度になることもあります。

・養生工事
養生工事にかかる費用の相場は200~400円/㎡程度です。
外壁塗装を行わない窓やその他の設備品などはビニールを使って養生していきます。
3階建ての外壁塗装でも2階建てと同様に必要な作業で、養生工事も外壁塗装を行う面積に応じて費用が大きくなります。
3階建ての養生工事にかかる費用の相場は30,000~80,000円程度になります。

2階建ての外壁塗装のケースと比較して、割高になる工事と割安になる工事があります。
一般的に割高になる工事としては、仮設足場があります。
3階建ての建物の場合には、2階建ての建物に比べて組み立てる足場の高さが高くなります。
仮設足場を組み立てる為に必要な資材も多くなりますし、作業する職人の数も増えることになります。
住宅の場合には、人力で仮設足場の組み立てを行うことが一般的で、高所から地上までの資材の運搬に人手が必要になるので費用も上がってしまいます。
3階建ての仮設足場工事では、平米単価にプラスして30,000~50,000円程度は割高になることが一般的です。

割安になる工事としては、外壁塗装や付帯塗装工事があります。
塗装工事は基本的には塗り面積に平米単価をかけて費用を算出するので、3階建てのように総面積が大きい場合には単価を下げてもらえることもあります。
作業する内容は変わりませんが、使用する材料のロスが減る為に単価が下がることがあります。
また、外壁塗装と付帯塗装で同じ塗料を使用することでも、ロスを減らすことが可能になるので、できるだけ使用する塗料の種類を絞ることで割安な費用にすることも出来ます。
ただし、3階建ての建物を単色仕上げにしてしまうと寂しい仕上がりになることもあります。
その場合には、1階と2階、2階と3階で塗り分けをすることも可能なので、
外壁のデザインに合わせて塗分けをすると見栄えのいい仕上がりが期待できます。
最終的な仕上がりのシミュレーションを行ってくれるサービスを活用する事で、イメージ違いなどのトラブルも解消できます。
注意点としては、3階建ての建物の中に多くの色が混在してしまうと、返って落着きのない建物になってしまうので注意が必要です。
同じグレードの塗料でも多くの色の塗料を使用することで、費用が上がってしまうことに繋がります。
3階建ての外壁塗装の費用を抑えつつ、見栄えのいいデザインにするには、全体を2、3色に抑えて塗り分けする事をおすすめします。

3階建ての外壁塗装にだけ必要な費用はある?

2階建ての外壁塗装では請求されない費用も、3階建ての場合には請求される可能性がある費用があります。
外壁塗装の見積もりをする際には、実際の建物を調査することが一般的で、
2階建てでは屋根の上に上って点検することも可能ですが、3階建ての場合には難しくなることがあります。
3階建ての建物でも2階のベランダから大屋根に登れる場合には問題ありません。
しかし、1階から3階まで一気に大屋根に上がるには危険な状況になってしまいます。
上記のような現場では稀に現場調査費や点検、見積もり費として、費用を請求される場合もあるので注意が必要です。
また、高所作業者などの余計な費用が発生しないように、外壁塗装業者の中には高所の現場調査にドローンを使って調査を行ってくれる業者もいます。

 

3階建ての外壁塗装をする際に注意する点

3階建ての仮設足場の設置には2階建てに仮設足場を設置するよりもスペースが必要になります。
2階建てよりも高さが必要になる3階建ての場合には、足場の躯体へ固定、もしくは控えが設置できるスペースが望ましいです。
建物自体にパラペットなどがある場合には最上部での固定が可能で、独立して仮設足場を設置するよりも安定します。
また隣地の使用が可能な場合には、控えを立てさせてもらうことが理想的です。
仮設足場の設置に必要なスペースは、外壁から敷地までで最低でも60㎝程度は必要になります。
建物に付随する霧除けや窓、屋根などがある場合には、上部に行くに当たって足場との干渉も考慮するとさらに広いスペースが必要です。
実際の現場ではスペースがない場合には、安定性が低くなりますが柱の数を減らすなどの工夫も行います。
しかし、3階建ての場合には仮設足場自体の高さもあるので、できるだけ安定した仮設足場の設置が望ましいです。

 

まとめ

3階建ての外壁塗装では、2階建ての外壁塗装に比べて総額としては大きくなってしまいます。
しかし、2階建ての外壁塗装に比べて単価が割高になってしまう工事はあまりありません。
単純に作業する面積の増加による費用の増加が一般的で、3階建ての外壁塗装にかかる費用の相場は、500,000~1,640,000円程度になります。
費用は使用する塗料のグレードや建物の形状によって増える塗装面積によって大きく変わってきます。
また、場合によっては2階建ての外壁塗装では必要のない現場調査費や点検費などを請求されることもあるので事前の確認が必要です。
3階建ての外壁塗装を安全に行う為には、仮設足場の躯体への固定や隣地や敷地内での控えの設置などの検討も重要になります。

 
来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!